ハウジング

私たちのミッションは、環境にやさしい快適な居住空間を提供することです。そのため、エコライフエンジニアリングは、新たなビジネスとしてハウジング事業を始めます。お客様第一を考えたリフォーム、これからの時代にマッチしたゼロエネルギーハウス、そして、最先端技術(AIシステム)とIOT製品を組み合わせ、快適な居住空間を提供いたします。



リフォーム


ハウジング

 平成28年9月よりエコライフエンジニアリングは、PanasonicリフォームClubに加盟いたしました。

 エコライフエンジニアリングが考えるリフォームは、お客様のご要望を最大限に実現することだと考えます。高齢者にとっては、長年住んだ家は離れがたいものです。近隣の方とのコミュニケーションもあり、近所の方と集まる機会も増え、第二の人生を楽しむ空間が必要でしょう。新しいキッチンやLDKスペース、光熱費のかからない設備などお客様のやりたい(我儘)を実現します。

 若いご夫婦にとっては、リノベーションして、自分たちのライフワークに合わせた生活空間に変えたいでしょう。そんな要望を形に変えるのが当社ののリフォームです。



スマートハウス:ゼロ・エネルギー・ハウス


スマートハウス:ゼロ・エネルギー・ハウス

経済産業省によるゼロ・エネルギー・ハウスの定義

「建築物における一次エネルギー消費量を、建築物・設備の省エネ性能の向上、エネルギーの面的利用、オンサイトでの再生可能エネルギーの活用等により削減し、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ又は概ねゼロとなる建築物 (経産省資料より抜粋)


ゼロエネルギーハウス認可の要件

経済産業省によってネット・ゼロ・エネルギー・ハウスと認可されるためには、他の4つの要件も満たしている必要があります。

①一定の断熱性能
断熱性能が「省エネ法」(「エネルギーの使用の合理化に関する法律」)で定める基準値以下であることが必要です

②自然エネルギー
「ゼロエネ住宅」特有の要件で、自然エネルギー等を取り入れた、先進性が認められる設計手法・制御機構が不可欠とされています。

③計測装置
「エネルギー使用量」と「創エネルギー量」を計測してデータを蓄積、表示できる計測装置の導入が必要です。

④太陽光発電システム
ゼロエネ住宅には「創エネ」が不可欠なため、太陽光発電システムも必須条件に挙げられています。


※エコライフエンジニアリングは、ゼロエネルギーハウスビルダーです。



ゼロエネルギーハウスビルダー
(一般社団法人環境共創イニシアティブホームページより)

スマートホーム:AI+IOT


スマートホーム

スマートホーム(Smart Home)は、IoT技術によって自動ロック解除や、エネルギー効率の向上、災害検知、モニタリング、音声認識、自動家電などが実現できる。(IoT Newsより引用)

弊社が提供するスマートホームは、ホームオートメーションを越えた、AI(人工知能)+IOT(Internet of Things)によるスマートホームシステム(Robotics Smart Home)をお客様に提供いたします。最先端のシステムで快適な居住空間を実現いたします。

センサー技術により、人の行動をデータとして蓄積することで、行動を予測するシステムで、センサーによるデータが増えるごとにその精度を増し、より多くの生活パターンを認識します。


現在(平成28年9月末)、AI+IOTによるロボティクススマートホームモデルルームを都内に準備しております。


CASPAR 詳しくはこちら