ハウジング

"CASPAR"は、BrainofT社の登録商標です。

Caspar紹介

Casparのある暮らし

CASPARは、AIによってほぼすべてのIOT家電・家具、防犯システムなどを統率、自動で動かすことができます。

CASPAR

Mechanism/CASPARの仕組み

CASPARはAIで違うメーカーのIOTシステムをつなぐことができ、
センサーによって居住者の習慣や行動を学習し、それらを予測し、自動でコントロールすることができます。

100個以上のセンサーが稼働し、5ミリ秒(0.005秒)ごとにAIがセンシングデータを収集。
居住者の行動をAIがディープラーニングし、居住者の行動を予測して、自動で対応します。

CASPAR

Scalability/CASPARの拡張性

CASPARはさらに入居者に提供できるサービスを今後も増やしていきます。

家の中でトラブルがあったときに、感知し、自動で外部にスマホを通じて
連絡することも可能になります(開発中)

Development/開発

人工知能( AI )で、住宅自体を IOT化するシステム「Caspar」を開発しているのがBrain of Things inc.,
(ブレイン オブ シングス、本社:米国カリフォルニア州レイクウッド/最高経営責任者:アシュトシュ・サクセナ)

Brain of Things(以下 BoT)
創業者の一人デービッドチェリントン教授、スタンフォード大学教授は、
過去にスタンフォードの大学生だったグーグル創立者二人を発掘した経緯を持つ。
CEOであるアシュトシュ・サクセナ博士(スタンフォード大学)、米国のロボティクス界の第一人者。
BoT社は、この2名を中心に、AI研究者が起業した住宅自体を
人工知能( AI )を使って IOT化するシステム開発しました。

2,000/BrainofT社は現在ウルフ不動産開発会社と提携して、アメリカで2,000軒のスマートアパートを建設中です。

Model Room/モデルルーム